猫が誤飲しやすいものと対応法をチェック

猫のこと

ねこちゃんが、思わぬものを口にいれて遊んでいるのを見て、ヒヤッとした経験はありませんか?

誤飲・誤食からねこちゃんを守るには、あなたの心がけがなにより大切。

じつは、あの人気おもちゃも誤飲の原因になっているんです。

猫がとくに誤飲しやすいものと、その対策をお知らせしますね。誤飲してしまったかもしれない時はどうすればいいのかもお伝えします。

猫が誤飲しやすいもの

おもちゃのネズミ

ねこちゃんが大好きなおもちゃのネズミ。

「猫用に作られているのだから安全だろう」と思いますよね。じつは違います!

猫の誤飲で開腹手術を受けることになった原因の上位に『おもちゃのネズミ』があるくらい、頻繁に誤飲が起きているのです。

ご存知のとおり、おもちゃのネズミは結構な大きさがあるので、わたしたち飼い主は安心しがち。

しかしねこちゃんは、夢中で遊んでいるうちに本当に狩りをしている気分になって、勢いで飲み込んでしまうのです。

この大きさの異物を飲み込んでしまうと、消化器がつまり生死に関わることになってしまいます。口から取り出すことは難しく、開腹手術をおこなうことになり、猫にもかなりの負担がかかるでしょう。

ヒモのついているネズミの猫じゃらしおもちゃは、飼い主が見ているところで遊ばせて、遊び終わったら必ず片付けることが重要です。見ていないところで、ヒモを噛みちぎってしまうかもしれないからです。

また、ヒモのついていないネズミのおもちゃは、誤飲の可能性がかなり高いことを考えて、初めから与えないことをおすすめします。

ゴム・ヒモ・毛糸など

猫はヒモ状のものが大好き。

しかし、遊んでいるうちにちぎれて誤飲してしまう可能性が高いもののひとつです。

小さな切れ端なら吐き出したり、ウンチといっしょに出てくることも多いのですが、腸に絡まって消化器が詰まると、命にかかわることも。

猫の目につく場所には、絶対に置いておかないようにしましょう。

ビニール・ポリ袋

カシャカシャ音が好きなねこちゃんは、よくビニールやポリ袋で遊びますよね。

しかしなかには、ビニールやポリ袋を口にしてしまうねこちゃんもいるようです。

喉や消化器につまる可能性もあるので、遊んでいるときは目を離さないようにしましょう。

切れ端がでたら、口に入れる前にすぐかたづけるのも大切です。

画鋲・ピアスなどの小さく尖ったもの

猫は小さくキラキラしているものが好きなので、興味をもってしまいます。

遊んでいるうちに飲み込んでしまうかもしれません。

これらが胃や腸で刺さると吐き出すことができなくなり、炎症を起こしてしまいます。

腹膜炎の危険性もあるため、絶対に注意してください。

カレンダーやポスターを留める際には、画鋲以外のものを使うなど工夫が必要ですね。

タバコ・ボタン電池・人間の薬

これらは飲み込んでしまったらどうなってしまうか、容易に想像がつきますよね。

重篤な中毒症状をおこし、命を落とす可能性もあることをしっかり肝に銘じ、猫に見つからない場所に保管するようにしましょう。

猫が溜まった水を飲んでしまうので、タバコは水につけたまま放置しないように。

猫ちゃんの誤飲・誤食は、起きてから後悔するのではなく、飼い主として責任をもって対策をしておくべきですね。

猫が誤飲したかも?!どう対処する? 

猫がいつもと違う様子で嘔吐していると、ヒヤリとしますね。

いくら注意をしていても、誤飲や誤食の事故が起こる可能性はあります。

もしものとき、すぐ対応するためにはどうすれば良いのかをお伝えします。

何を誤飲したのか確認

誤飲してしまった場合、猫が嘔吐するなどの異変があらわれることがあります。

吐いたものを写真に撮っておくと、病院にいった際に説明がスムーズです。

何を誤飲したかによって、病院での処置が変わってきますので、できるだけ多くの情報を集めましょう。

猫のまわりに落ちている残骸も確認して、病院へ持っていくのがベストです。

猫の口の中を確認

猫の口の中に異物が残っていないか確認します。

片手で猫の頭を押さえ、もう片方の指で猫の下アゴを下げます。

異物全体が見えているようなら、注意深く取り出します。

このとき噛まれないように注意。

口の中に残っているのがヒモ状のもので、ヒモの先しか見えていない場合、反対側は胃や食道に入ってしまっていることもあります。

ヒモを無理に引き抜くと、食道などを傷つけてしまう恐れがあるので、病院で対応してもらいましょう。

おしりのヒモは絶対ひっぱらないで

ヒモや髪の毛を誤飲してしまった場合、肛門からヒモの端がでてくることがあります。

気持ち悪いから取り除いてあげたいと思って引っ張るのは、絶対ダメ!

ヒモが腸に絡みついている場合、腸が破れてしまう可能性があります。そうなったら開腹手術が必要。しばらく様子を見て自然に出てくるのを待つか、獣医に相談しましょう。

状況によっては動物病院へ

誤飲、誤食したものが取り出せない場合、猫の下痢や嘔吐が続く場合は、すぐに動物病院へ連絡しましょう。

状況によっては来院するように促されます。

的確に状況説明ができるようメモをしておくなど、落ちついて電話しましょう。

いつ、なにを、どのくらい、誤飲した時と現在の猫の様子を伝えられるようにしておくといいですね。

嘔吐したものを持って行くか、写真に撮影しておくと診察の参考になります。

誤飲・誤食を防ぐには

誤飲・誤食には2種類あります。

猫が遊んでいて間違って異物を飲み込んでしまう場合と、猫には有毒な人間の食べ物を食べてしまう場合

猫が遊んでいて間違って異物を飲み込んでしまう場合の防止策は、飲み込んでしまいそうな小さなものは、出しっ放しにしないことです。

猫用のおもちゃも、使うとき以外は片付けておくほうが安全です。

猫の大好きなネズミのおもちゃも、誤飲しやすいものとして、獣医師からの注意が呼びかけられているのです。

また猫に有害な食材を口にするのを防ぐには、普段から人間の食べ物は与えないことが一番です。

猫が人間の食べ物に興味を持たなくなるような、工夫をしてみましょう。 

ネギ類、チョコレート・カカオ類、生のエビ・イカ・貝類、ぶどうなど、明らかに有毒なもの以外にも、人間の食べ物には多くの塩分が含まれています。

人間の食べ物を与えないことこそが、猫への愛情なのですね。

タイトルとURLをコピーしました