わたしがハチワレ猫に夢中な理由 猫の毛柄の種類しってる?

猫のこと

うちの猫はハチワレ。

ハチワレとは、額が八の字になっている猫のことです。なんかかわいい名前ですよね。わたしが大好きなハチワレ猫の魅力とともに、代表的な猫の毛柄についてもお伝えしたいと思います。

ハチワレとは?

うちの猫はこれ。

「ハチワレ」というのは、猫の種類ではなく猫の毛柄模様を指します。「三毛」とか「茶トラ」とかいう呼び方の種類と同じです。

ハチワレはもともと「鉢割れ」と書き、頭の鉢が左右に割れたような模様をしていたことから呼ばれていたそう。

でも、「鉢が割れる」というのがなんだか縁起が悪いってことで、「八」という漢字をあて、末広がりで縁起が良いよってことにしたそうです。

わたしはてっきり八の字模様だからハチワレだと思っていました。でも縁起が悪いといわれる名前を、一転して縁起が良い名前に変えてしまうなんて、昔からハチワレファンは多かったのかもしれませんね。

代表的なハチワレ柄は「白×黒」。

ハチワレ猫は多くが白黒カラー。コントラストがはっきりとした柄です。

白黒ハチワレ猫ちゃんは、日本では昔から親しまれていたようで、平安時代の絵画にも登場しているんですよ。海外では「タキシードキャット」とも呼ばれています。なんだかかっこいい!

わたしはなんだか、大きさといい形といい、ペンギンににているなぁと思っています。

白黒猫ちゃんの場合、顔の上半分や背中側が黒くなるようですね。

逆になっている猫は見たことがありません。

黒色の分量によって、ハチワレが富士額になったり、

仮面をかぶったようなバットマンになったり、

はたまたサッカーボールのようなブチ模様になったり…。

ほんとうに様々で個性的。そこが白黒猫ちゃんのおおきな魅力です。

はなぐろのハチワレ猫

お鼻の色は、顔の周りの毛が白色だとピンクになる猫ちゃんが多いようです。

でもうちのハチワレ猫のように、黒ブチが入ったり、真っ黒になる猫ちゃんもいます。

鼻のまわりが黒いと「ハナクソ」とか言われちゃうこともありますが、猫好きの間では親しみをこめて「はなぐろ」と呼んでいますよ

この「はなぐろ」猫ちゃんたちが、個性的でほんとうにかわいい!

ちょび髭タイプ

ほくろタイプ

地図タイプ

1匹として同じ猫ちゃんがいないんですよね。

どの子も、とっても愛おしいんです。

ハチワレ猫のソックスと肉球

ハチワレ猫の足もまた、味わい深いんです。

部分的に入る白い毛はスポットと呼ばれ、お腹側や足の先に入りやすい傾向にあるんだとか。

足の先に白い毛があると、靴下を履いているようにみえるので、ソックスと呼ばれることもあります。

うちのハチワレ猫ちゃんのソックスは、こんな感じ。

左右対称ではなく、左前脚のソックスが長めです。

ながーいソックスを履いている猫ちゃんや、足先だけのショートソックスの猫ちゃんもいて、それぞれかわいいですね。

白黒ハチワレ猫の肉球は、ピンクに黒のブチがはいるようです。

白毛が多めの猫はピンクの肉球。

黒毛が多めの猫は黒色の肉球になる傾向に。

うちのハチワレ猫は、ピンクに黒ブチが多め。

黒インクを踏んだような柄です。

どうですか?白黒ハチワレ猫の魅力が少しわかっていただけましたか?

日本ではメジャーな毛柄の白黒ハチワレ猫ちゃんは雑種に多いです。

もし、飼ってみたいなぁと思われたら、ぜひ保護猫譲渡会や保健所に会いに行ってみてください。

猫の毛柄9種類、わかりますか?

キジトラ・サバトラ・サビ・シマの違いってなに

日本でよくみかける猫の毛柄は、代表的なものだけでも9種類。

親子や兄弟でもまったく違う色や模様のネコちゃんたちもいて、私はとても不思議で神秘的だと思っています。

ルーツはヤマネコの「キジトラ」

猫はもともと野生のヤマネコにルーツがあります。

ヤマネコはキジトラ柄。

このキジトラ柄の遺伝子に世界各地で突然変異がおこり、様々な色や柄がうまれたといわれています。

キジトラの“キジ”は鳥のキジに “トラ”は動物の虎に柄がにているところから由来しています。

背骨に沿った太い縦のラインと、左右対称の細いシマ模様が、まさにトラの模様に似ていますよね。

そのなかでも色によって、「キジトラ(黒と茶色のシマ)」「茶トラ(オレンジのシマ)」「サバトラ(黒とシルバーのシマ)」と分けられます。

 

これらは模様の入り方はほぼ同じで、毛色だけが異なります。

首回り、しっぽ、足にも輪っかのようなラインが入ります。

鼻からアゴにかけての口周りは、まるく白っぽい毛になっている猫が多いようです。

顔のシマ模様が濃いと、額に「M」の文字が入ったような模様になることがあります。

それぞれに白い毛が入ると「キジトラ白」「茶トラ白」「サバトラ白」とバリエーションも増えてきます。

全身1色の単色柄

基本的に2色以上の色や模様がない猫ちゃん。

代表的な毛色は「白」「黒」「グレー」

無地という意味で「ソリッドカラー」とも呼ばれます。

よくみると、毛の1本1本が単色で濃淡もありません。

多くの猫は毛の1本1本に濃淡がありますが、単色猫ちゃんの毛には濃淡がないため、全身が1色になります。

2色or3色の組み合わせカラー

2〜3種類の毛色が合わさってできる猫の毛柄。

2色では「白×黒」「オレンジ×黒(サビ柄)」が代表的。

3色になると「白×黒×オレンジ」のミケ柄になります。

黒い毛の遺伝子に、どの色の遺伝子が混ざるかによって、毛柄の組み合わせが変わります。

黒い毛の遺伝子に、白い毛やオレンジの毛の遺伝子が加わると、それぞれ「白×黒」「オレンジ×黒(サビ柄)」になります。

「オレンジ×黒(サビ柄)」に部分的な白い毛の遺伝子が加わると、3色のミケ柄になります。

遺伝的にミケ猫のオスはとてもめずらしく、幸運をもたらす猫といわれています。

これらの基本毛柄に、白やグレーの毛色が混ざったり、シマ模様が入ったりして、猫の毛色はバリエーション豊かですね。

猫は毛柄も性格もそれぞれでおもしろいですよね。

どの子もみんな違ってみんないい!

ご興味のあるかたは、ぜひ保護猫譲渡会や保健所に会いに行ってみてください。運命の子に出会えるかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました